14/12/6 御茶ノ水 豚野郎

こんにちは。豚野郎です。ブヒー。

最近仕事が完全に炎上しているのですが、日曜日は休みです。ということで、土曜日の出勤のあとに秋葉原へ繰り出して徒歩で御茶ノ水の豚野郎というお店にいくことにしました。





みたか この 活字の ぶたやろう を

御茶ノ水から1分のビルに豚野郎はあります。1Fと2Fも飲食店でそれなりに客が入っているところなんですね。さっそく男らしい(汚いともいう)階段を徒歩でかけあがると、豚野郎のメニューがでてきました。シンプル!!

ちょっと混んでいたようで、15分ぐらい待ちました。2人しかまってなかったんですが、豚丼はひとつひとつ時間がかかるようなのです。学生さんが多かったかなー。女性は一人いましたが、ほかはみんな豚野郎でした。僕も豚野郎でしたが、たまたまかわかりませんが、僕以上のキング豚野郎がたくさんいました。

さて、オーダーを待つ間に水を飲みます。んが。


こ、コップがでかいタル~。普通の飲食店の2倍はあるコップです。さすが豚野郎。水もがぶがぶ飲めってか。ちなみに、水のはいった給湯ポットは普通の店と同じサイズなので、このコップにつぐと給湯ポットがすぐになくなるという、、、豚野郎なら給湯ポットも豚野郎にするべきですね。

そんなこんなで届きましたよ。せっかくなので今回温玉(100円)もつけて、大豚どん(900円)にしました。



なかなかごっついのうと思われるでしょうが、店の奥でしっかり炭火で焼いてるのですね。オンタイムで。そのあと、たれをつけてごはんに乗せるのですが、たれが結構しつこそうにみえて、しつこくないんです。なので、ぱくぱく食べれる感じ。
某伝説の○○丼屋のように食いすぎると濃すぎて胃もたれするんじゃなくて、優しいたれなので、太ベたあともそんなに重くなかったです。とっても美味しかったので、女性つれには向きませんが野郎同士ではまた行きたいと思いました。

帰り際にお茶の水の駅前を散歩したのですが、御茶ノ水って結構きれいなんですねー。冬らしいこんなツリーがありました。デートにいかがでしょう?ただし豚野郎につれてってはだめ。絶対。あそこは豚野郎が豚野郎をつれて豚野郎で豚をくうところ。


コメント